どのような方向から子供の防犯を考えるか

最近、子供を狙った犯罪が多発しています。特に通学途中に子供が狙われるトラブルが増えており、子供たちを守るために、防犯体制の見直しがされています。地域の方と連携して、新しく防犯パトロールを行ったり、通学路に防犯カメラを設置するなど、各地域で様々な動きが始まっています。しかし、子供の防犯体制は、何か1つを対策すれば成り立つというものではありません。保護者・子供自身・学校・地域住民という4者が連携して、お互いどのように補い合うかを考えて防犯体制を構築する必要があります。1つでも欠けてしまうと、犯罪者や不審者が入り込む隙を与えてしまいます。防犯体制の構築は、特に地域住民、つまり近所の人達の協力が不可欠です。子供たちが安全に暮らせる街造りとはどのようなものかに焦点を当て、どのように防犯体制を構築していくかをお伝えします。

近所付き合いと防犯力を高めるあいさつ

子供の通学の行き帰りに、必ずしも保護者や学校の先生が一緒にいてくれるとは限りません。そんな場合に、子供を見守ってくれるのは、近所の住民や馴染みのお店の方、そして暮らしている地域そのものです。しかし、残念ながら、最近は近所の方とのつながりが薄くなってきていると言われています。同じ年齢の子供が近所にいないためなかなか知り合いが出来ないという方もいらっしゃいます。住んでいる地域にもよりますが、家族構成が違えば、生活時間、活動エリア、付き合い方も異なります。近所の方とつながりを持つことはなかなか難しいことです。しかし、近所の人と関わり合いを全く持たずに生活することはとても危険です。顔を合わせた人にあいさつをする習慣だけは子供に身につけさせて下さい。あいさつをすることで顔を覚えてもらい、地域の防犯向上にも実は繋がっていきます。

地域に関心を持ち、犯罪者を寄せ付けない地域造りが大切

犯罪者や不審者は、人目に付くことを恐れます。そのため、地域全体の印象として、住人が無関心であると感じ採られると、その街に狙いを定められ易くなります。子供が住んでいる地域が、「路上駐車や放置自転車が多い」「公園のトイレや水道が壊れている」「粗大ごみが未回収のままになっている」などを見かけたら要注意です。そういった地域には、不特定の住人が入り込みやすくなります。防犯体制の構築のためには、地域に関心を持つことが何よりも重要です。上記の様な場合、一人で解決することが難しいと感じたら、地域の自治体に連絡をして下さい。そういった事が関心の第一歩となります。地域に関心を持つことが、防犯体制構築の第一歩であることを認識し、犯罪者を寄せない地域造りが、子供の安全に繋がることを理解して、安全対策に役立て下さい。