アイテムを使わない心得としての子供の防犯対策について

小学校に入学された子供は、学校への通学や習い事のため外出の機会が増え、行動の範囲が飛躍的に拡大いたします。そのため、子供だけで電車に乗ったり、自転車で車の通行量の多い幹線道路沿いを走ったり、またお買物や遊びで商店街や住宅街などの生活道路を通ることとなり、トラブルや犯罪に巻き込まれるリスクが発生しますので、しっかりとした防犯対策が必要です。最近、小学校でも防犯対策の一環として生徒に防犯ブザーを支給する学校があるようですが、防犯グッズで全ての危険リスクは排除不可能であり、危険リスクの根本を取り除く効果性の高い防犯対応策が急務となっています。まず、子供の行動を踏まえ外出の際に、どのような危険がどこに潜んでいるのか洗い出し、察知することが対策の第一歩となりますので、保護者様が通学路や住宅街を点検することを強くおすすめいたします。

防犯グッズだけでは子供に忍び寄る危険リスクは軽減できない

小さな子供がいらっしゃるご家庭では、子供の帰りが遅かったりするととても心配になります。子供の外出時に、すべて同行できれば最上の防犯対策となりますが、現実は不可能であり、対策を講じなければ懸念を払拭できません。一般的には防犯グッズの活用が推奨されているものの、防犯グッズでは自動車から身を守れるわけでなく、また危険な場所もお知らせしてくれません。これらは全て、事前に近寄ってはダメな場所として申し合わせしておけば、危険を回避できます。このように子供の行動範囲のなかで危険箇所や立ち寄ってダメな場所を特定し、自治会や学校単位で申し合わせ、大人が主体的に対策を実行する役目を担うことが重要なのです。防犯グッズはあくまでも防犯対策の補完として位置づけ、根本的な対策を講ずるようにしましょう。

危険から子供を守る防犯力の強化ポイント

子供の単独外出の際、保護者様が最も心配となることは不審者による悪戯や声がけです。子供に知らない人から声をかけられた際は、ついて行かないや無視するなど言い聞かせてあるものの、危険は完全に取り除けていません。そもそも子供に防犯対策を担わせること自体がムリです。大切な子供の身を守るには、大人が平時の時より地域の安全性を高める対策を講じ、犯罪を起こさせない街づくりが防犯取組みのポイントとなります。まず、直ぐにできる取組みは、住民同士や商店間の挨拶の励行であり、地域コミュニティの高さと連携を発揮しますので、犯罪抑止に効果を発揮します。また、防犯カメラを町内や商店街の目立つ箇所に設置すると、不審者の行動抑制やあらゆる犯罪を未然に防ぐ効果性のある対策として安全を担保いたしますのでぜひ導入をご検討ください。