子供を守るための防犯方法を紹介します

近年、子供が犯罪に巻き込まれることも多く、防犯についての情報を耳にすることも多くあります。しかし、防犯についてと言われてもどのように体制を整えていけばいいのか、どのような防犯方法があるのかわからないという方もいるでしょう。まずは、子供を犯罪から守るために、地域ぐるみの防犯体制を整えておくことが大切です。学校と保護者だけではなく、地域の大人が子供を見守ることで、子供の防犯に繋がります。では、そのためにはどのようにしていけばいいのでしょう。まずは、地域や学校で開催される防犯のための訓練や講習を受けに行ってみてはどうでしょう。学校ではどのような体制で防犯を行っているのか、どのように子供たちに教えているのかなどを知ることができます。まずは学校や地域の防犯に関するイベントに参加してみましょう。

普段から子供と防犯について話し合ってみよう

いくら大人が気を付けていても、子供に防犯の意識がなければ犯罪に巻き込まれる可能性も出てきます。では、子供に防犯意識を高めてもらうためには、どのようなことをしていけばいいのでしょう。子供の防犯意識を高めるためには、普段から防犯について話し合うことが大切です。下校時に一人で帰らない、寄り道をしてはいけないなど、ただその言葉だけを伝えるのではなく、なぜだめなのか理由も一緒に説明していきましょう。また、何かトラブルに巻き込まれそうになればどのようにすればいいのかも話し合うといいでしょう。学校で教わった知識を家でも話し合う、こども110番の家の説明や場所を把握しておくなど、子供と一緒になって確認していくといいでしょう。また、出かけるときには、誰とどこに出かけて何時に帰宅するのかなど、確認する習慣を身に着けるようにしましょう。

子供の防犯グッズについて調べてみよう

子供が心配だから、普段から防犯グッズを持たせているという家庭も多くあるでしょう。しかし、ただ防犯グッズを持たせているだけでは意味がありません。子供に防犯グッズの正しい使い方を教えておくことが大切です。また、音が出る防犯ベルなどを面白がって使う子供も中にはいます。保護者の知らないところでそれを繰り返していれば、いざというとき電池が切れてしまって使えないという状況も起こり得るのです。そうならないためにも、普段から防犯グッズの点検を怠らないようにしておきましょう。また、防犯グッズ以外にも各企業が提供している防犯サービスもあります。どのような防犯サービスが提供されているのか、自分の子供に合った防犯サービスなのかを調べて実際に防犯サービスを受けてみるのもいいでしょう。